小さな私塾によくある習字やそろばん

小さな私塾によくある習字やそろばん

私塾での講師に多いのが、書道の先生でしょうか。
勉強ではありませんが、一応きれいな楷書が書けるようになっていると、かなり、子供にとっても良いものになります。後、そろばんですよね。
そろばんを触っていない人もいると思いますが、よく出来たものだと思います。
この辺だと、右脳を鍛えよう、暗算を得意にしておこうというフレーズで教えていると思います。

その二つを習わせるのも、お勉強の補佐的に良いものなのです。

こういう私塾って、カルチャー入っている熟なので、キッズは楽しんで学んだり、友人を作って話していたり、それくらいで良いと思います。
又、大人になると、ほぼ忘れますが、小学校の授業を受けているので、「先生出来ました」なんていう子供も当然いるわけです。これって大人はやらないですよね。結構カルチャーショックですけど。
話がそれましたが、そういう教えてもらって、適度に勉強して、家に帰って遊んでという子供にゆとりある勉強とスペースを作るという意味で、そういう私塾は良いと思っています。
それに書道だと、例えば硬筆で文字が上手くなる、漢字を覚えると学校でも良い成績が撮れるわけじゃないですか。
否定するものではないのですよ。