社会で役立つ勉強でなくても子供時代は好きなことをさせること

社会で役立つ勉強でなくても子供時代は好きなことをさせること

社会で役に立つ勉強とは何なのでしょうか?学歴が一般的な成功への道とされています。
もちろん基礎学力は付くでしょう。

しかしそれだけではじつは大企業のうちの一部の一流企業にはいれる人はほんの一握りです。
早慶は最低ラインで、かつ見た目も上の方で雰囲気も感じがよくないと難しいでしょう。

それが現実です。

子供にとって幸せな人生を歩んでもらうためには一番いいのは好きなことをして生きていくことですが、現実はやはり需要と供給で価格が労働ですら決まるため、ある程度うまく自分にあった仕事を選び、なんとかサラリーマン生活をやり抜けるしかありません。

サラリーマン生活に適応できる人材を育てるのか、それ以外の一部の才能がないと越えられない世界を選んで行く子を育てるのは親次第です。
中途半端にこの決断を誤ってしまうと、挫折して一時的に立ち上がれない人も出てくるでしょう。

そのときそのことを受け入れて違う道を選べるのかはまた子供しだいです。
本当にやりたいことのある人は現実は一部です。

ほとんどの人はすべてをつぎこんでまでやりたいことをする人は少ないです。
中途半端な人生を選んでしまっても悩みすぎることはありません。

みんな負けることはあります。
社会で役立つ勉強でなくても自由に子供には子供時代ぐらいは好きなことをされることをお勧めします。