算数では丸暗記に頼らない学習方法が結果的に学力を伸ばす

分数の割り算を教えるとき、分子と分母を逆さまにして掛けると教えられます。
確かにそれで間違ってはいないのです。
しかしその理由を尋ねられて即座に答えられる大人はあまり多くないようです。

学校の授業では一応説明はしてくれますが、結果的には、そのように覚えておけば良いと教え生徒もその通りに計算して答を出します。
塾の先生を選ぶならこういった基本的な質問にも懇切丁寧に答えてくれる先生を選ぶべきです。
機械的に計算方法や公式を丸暗記するだけの学習方法では中学、高校、大学と進んで行く過程で学力の伸びが停滞してしまうのです。

例えば割り算にはふた通りの割り算があるという基本的なことも子どもに説明できる先生を選ぶ必要があります。
等分除と包含除のことですが、6個のみかんを3人で均等に分けると1人あたり何個になる?というのと6個のみかんを3個ずつ分けると何人に分けられる?答えはどちらも2ですが、意味が全く違います。
ここを混同してしまうと中学高校での数学の学力が伸びません。

小学生時代にこういった基本的なことをしっかり教えてくれる先生を選ぶことが大事です。
学校では先生は選べませんが、塾のメリットは生徒や親の意思で選択できることです。
是非そのメリットを生かして良い塾を探してみてください。